閉じる

このサイトについて

お知らせ

SBSについて”学ぶ”

短腸症候群について

ドクターからのメッセージ

動画で“学ぶ”SBS(短腸症候群)

SBS生活・栄養Q&A

ドクターからのメッセージ

千葉 正博 先生

ホームSBSについて“学ぶ”ドクターからのメッセージ > 千葉 正博 先生
昭和大学病院 外科学講座小児外科 准教授 千葉正博先生

短腸症候群(Short Bowel Syndrome:SBS)の治療はとてもゆっくりしたペースで進みます。薬を投与すればすぐに治る、手術をすればそれで治るというものではありません。階段を一歩一歩上がっていくような、根気のいる治療になります。コツコツと続けてやっていくことが最後には必ず実ります。SBSは「実りの治療」です。とにかく諦めずに進んでいくこが何よりも大切です。
SBS治療では食事が重要になりますが、あまり料理が得意ではないという方もいらっしゃると思います。そういう方は、遠慮せずに医師や栄養士に相談してください。参考になりそうな食事のメニューを差し上げていますし、食事内容はもちろん、料理方法や味付けの工夫なども紹介しています。
お子さんは我慢することがたくさんあって、「なんで僕だけ我慢しなければいけないの?」と聞かれて困った経験もあるでしょう。けれど、「大きくなれば食べられるようになるよ、今だけ頑張ろう」という気持ちで乗り越えてもらえたらいいですね。そして、すべてを我慢させるのではなく、ときどきご褒美があってもいいと思います。誕生日などの特別な日には、食べる量を調整して、好きな物を食べさせてあげてください。
そして、親御様に言えることは、全部をきっちりやろうとしないということです。すべてを完璧にしようと思ったら非常に厳しい生活になります。難しいことを考えて特別メニューを作ろうとすると、とても大変になりますから、健康な家族の食事をもとに、おかずの量を減らしてご飯だけ増やすなどの工夫をして、できるだけご自身の負担が軽くなるようにしてください。
無理をせず、諦めず、根気よく治療を続けること。たとえゆっくりでも、その一歩一歩が、必ず「実りの治療」に繋がっていきます。

JAP/C-ANPROM/TED/17/0003

INDEXへ戻る