閉じる

このサイトについて

お知らせ

SBSについて”学ぶ”

短腸症候群について

ドクターからのメッセージ

動画で“学ぶ”SBS(短腸症候群)

SBS生活・栄養Q&A

SBS生活・栄養Q&A

ホームSBS生活・栄養Q&A > Q&A
避けた方がよい食べ物はありますか?
砂糖がたくさん含まれるお菓子や飲み物、果物ジュース、はちみつ、シロップなど
一度にたくさんの砂糖を摂取すると、腸の中の浸透圧が高くなり、下痢を起こしやすくなります。砂糖以外の甘味料では、キシリトールやソルビトールは下痢になりやすく、アスパラテームやサッカリンは下痢になりにくいと言われています。加工食品を食べる時は、原材料表示を見て、下痢しやすい甘味料が含まれていないか確認しましょう。

繊維質が多く消化しにくい食べ物
キノコ類、海藻類、皮がついた豆類、果物の種や皮、ドライフルーツ、ナッツなどは消化が悪いので、症状に応じて、食べるのを控えるか、量を減らしましょう。野菜は生で食べるよりも、皮や種を取り除いて加熱調理した方が消化しやすくなります。

乳製品(乳糖で下痢が悪化する方のみ)
乳糖で下痢が悪化する方は、乳製品は控えた方がよいでしょう。牛乳が飲めなくても、チーズやヨーグルトなら食べられる方もいらっしゃいますし、乳糖を分解した牛乳も市販されています。乳製品はたんぱく質やカルシウムが豊富な食品なので、症状が悪化しない場合は摂取することをおすすめします。

シュウ酸を多く含む食べ物(結腸が残存する患者さんのみ)
結腸がある患者さんの場合、結腸から過剰にシュウ酸が吸収され、尿路結石の原因となります。シュウ酸を多く含む、ほうれん草、たけのこ、さつまいも、レタス、ブロッコリー、セロリ、なす、バナナ、チョコレート、ナッツ類、コーヒー、ココア、緑茶、紅茶などは、食べる量や回数を減らしましょう。カルシウムは腸の中でシュウ酸と結合し、便と一緒にシュウ酸を体外に出す働きをするため、尿中のシュウ酸の量が減り、尿路結石予防に役立ちます。積極的にカルシウムを摂取しましょう。尿が濃くなるのも尿路結石の原因になりますので、1日1200mL以上の尿(成人の場合)が出るように水分摂取を心がけましょう。

豆知識【浸透圧とは・・・】

浸透圧とは、水を引き寄せる力のことです。水の中に小さな粒子がたくさん溶け込んでいるほど、浸透圧は高くなります。

Q&A一覧へ戻る