閉じる

このサイトについて

お知らせ

SBSについて”学ぶ”

短腸症候群について

ドクターからのメッセージ

動画で“学ぶ”SBS(短腸症候群)

SBS生活・栄養Q&A

SBS生活・栄養Q&A

ホームSBS生活・栄養Q&A > Q&A
切除した小腸の部位によって、栄養の吸収に違いがあると聞きました。どのように違うのでしょうか?
小腸は部位によって、吸収する栄養成分が異なることが知られています。患者さんによって小腸の切除部位が異なるため、不足する栄養成分も異なります。
詳しくは、こちらをご覧ください。
とくに注意が必要なのは、回腸を切除された方です。回腸末端を60cm以上(成人の場合)切除した場合は、食事やサプリメントに含まれるビタミンB12を十分に吸収することが出来ません。1~3カ月に一度、注射で補う必要があります。
また、栄養素ではありませんが、回腸末端を100cm以上(成人の場合)切除されている場合、胆汁酸という脂肪の吸収を助ける働きがある成分を吸収することができません。胆汁酸は腸から吸収したものを再利用していますので、再利用できる胆汁酸が少なくなると脂肪の吸収が悪くなり、脂肪便が出たり、脂溶性ビタミンが不足したりします。
Q&A一覧へ戻る