閉じる

このサイトについて

お知らせ

SBSについて”学ぶ”

短腸症候群について

ドクターからのメッセージ

動画で“学ぶ”SBS(短腸症候群)

SBS生活・栄養Q&A

ドクターからのメッセージ

和田 基 先生

ホームSBSについて“学ぶ”ドクターからのメッセージ > 和田 基 先生
東北大学病院 小児外科 副科長・准教授 和田基先生

栄養療法の進歩によって、SBS治療は、ここ数年で非常に進歩しました。以前に比べると、肝機能障害などの合併症もよくコントロールできるようになっています。また、静脈栄養の減量や回数の減少を目指した治療を行うことで、患者さんの生活の質も向上してきています。
SBS治療は、患者さんにとってつらい時期もあるでしょうし、在宅での静脈栄養(点滴)などの治療をしながらの生活に慣れるのは大変だと思います。点滴をしていても元気に社会復帰し、生活している方も大勢いらっしゃいますので、失望せずにしかるべき治療を受け、社会復帰を目指していただけたらと考えています。

INDEXへ戻る